FC2ブログ

KAZAANA BLOG

just another WordPress weblog

  • 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08

パース作成02-3

TOLOMEO TAVOLO完成!!
スタンドライト01
スタンドライトぼかし

金属は反射率が高いため、周りの環境によって見え方が大きく変わりますので
映り込みに気を使ってみたつもりですが・・・微妙かも笑
あと同じ金属でも、パーツごとの微妙な質感の違いを表現したかったので
そこも気を使ってみたつもりです。


本題とはそれますが、今までサムネイルを使って画像を上げる方法が分からず
画像を泣く泣く縮小してアップしていたりしたのですが、
やっと大きい画像を開ける方法が分かりました!
あまりにも簡単というか、ただの見落としでした・・・;;じぐじょ~
なので、上の画像をクリックして頂ければ、大きいサイズで見れます!やったー!

次は椅子を作ろうと思います!
それでは~
スポンサーサイト



パース作成02-2

前回に続き、スタンドライト制作です。
何となくキャプチャしたパーツを紹介。

まずはこやつです。
ajax-2.jpg

金物と金物がゆるやかに繋がっています。
ジョイント部分なので形状も複雑です。
この写真だけしか情報が無いため、足りない部分は想像で作ります!
00.jpg
こんな感じで形を作っていきます。
そしてとりあえず完成。
01.jpg
一枚目の画像のパーツと、中央のパイプとのつなぎ目がここのポイントでした。
2つを一体化すれば、もう少し滑らかになったの思うのですが
パイプの下の部分も傾斜が付いていたりと作らなければいけない部分があったため
一体化せず、なるべくパイプと滑らかにつながるようにポイントを調整しました。


次のパーツです。
08.jpg

まずはチューブで外側の円柱を作り、足りない部分をスプラインで描きます。
下部分に作業が発生するため、片側だけ作り反転させる方法をとります。
チューブをポリゴン化し、半分を消した段階のものがこちらです。
02.jpg
ここからは、半分のチューブとしたの押し出しスプラインを一体化し、
ポイントを動かして面を貼ります。
下の部分は斜めにすぼんでいるので、折れる部分にナイフを入れ、
ポイントを移動させ傾斜を付けます。
円柱状に穴が空いているので、プールで切り欠き
ふちを若干丸めるためベベルをかけて、対象で反対側を作って完成です!
03.jpg


その他のパーツもせっせと作り
ほぼモデリングは終わりました!
あとはフレームの曲がる角度を決め、
電源コードをつくり、テクスチャを付けて完成です!
スタンドライトがですが笑
室内パース完成まではまだまだです^^;

それでは!

05.jpg

06.jpg

07.jpg

パース作成02-1

こんばんは。

最近、CINEMAでのモデリングの勉強をしております。
前の記事でもチラッと書きましたが、リアルな絵づくりには
細部の作り込みがとても効果的で、CADのモデリング能力では
限界があるなと思っていたためです。

今回から、とある雑誌に載っていた室内写真を元に
パースを作成していきます。

今回は、作り込んだパースをコンセプトに作っていきたいと思います。
勉強しながら進めて行くため長丁場になりそうで怖いっす・・・^^;
仕事でイメージパースを作るときは、時間との勝負なので
いかに早く、きれいに丁寧に出来るかが大事になってきます。
時間の制約を取り外したパースづくりで、どんなものが出来るのか
私も楽しみです!

最初に作成するのは、スタンドライトです。
S1347S.jpg
TOLOMEO TAVOLOというスタンドライトを選びました。
ワイヤーのテンションで支える機構。めっさかっこいい!!

まず、作るにあたってこのライトの機構を理解します。
次にどのようなパーツで構成されているかを観察して、作り方を考えます。

それが決まったら早速モデリング開始!
全体のバランスをとるため、大きなものを簡単に作ってレイアウトします。
スクリーンショット(2010-10-27 1.34.28)
バランスがある程度とれたところで細かいパーツづくりに入ります。
・・・制作途中の画像をキャプチャしていなかったため、
いきなり本日進んだとこまで飛びます笑
スクリーンショット(2010-10-27 1.31.56)
こんな感じです。
これからちょいちょい作っていきますので、よろしくお願いします!


そういえば、最近、私のホームページをリニューアルしました。
ほんの少しですが笑
もし良ければのぞいて下さい!
http://www.kazaana-ds.com

ではでは~!

パース制作01

こんにちわ。
1ヶ月も空いてしまいました。。
忙しさに感けていてはいけませんね。

今回は私のライフワークであるパース制作についてです。
色々な方法がありますが、私の場合は
 CAD(モデリング)
→CINEMA4D(テクスチャ&レンダリング)
→Photoshop(レタッチ)
という流れで制作しています。

元々考えた空間を、人に伝えるための手段としてパースを使ってきましたが、
最近では、CGパースそのものが魅力的に感じています!

自分の見たもの、感じたことを、(ある媒体を使って)人に伝える。
これがアートやデザインなど、作り手の根本にある原則だと思いますが、
その最も基礎であり、有効なツールってデッサンだと思います。
CGパース作るときって、そのデッサン描くときと全く同じ感覚なのです。
まず光を意識して、形を頭の中でイメージする。
光と陰で画面を作り、構図を決める。
質感を感じて、「そう見える」ためのえんぴつの堅さ、タッチの入れ方を選ぶ。
全体が決まってきたら細部に意識し、効果的に描き込んでいく。
これって、そのままCG作ってるときに当てはまります。

パースをつくることで、表現することの楽しさを再認識していた今日この頃でした。



さて、最近自主的に作ったホテルの客室風パースを貼らせて頂きます。
hotelFIX.jpg
まずは完成パースです。

客室っぽさって何かなと考えたとき、まずは間取りだと思いました。
ブルジョアジーではない(笑)、一般的なホテルの間取りは
効率良く部屋数を確保するため、客室が一列に連なります。
するとつまり、入口と、両隣が客室のため三面が壁になり、
残りの1面に窓のあるレイアウトが最も基本といえます。
そして階数確保のため、天井高もそこまで高いものは無いでしょう。

そして次に、窓際の椅子とテーブルのセット。これもお約束ですね。
ホテルの利用者の行動を考えたときに、必要不可欠なのは2つです。

寝ることと
くつろぐこと。

限られたスペースで、条件を満たさなければいけないとすると
まず寝ることを1番に、具体的にはベッドを1番に平面に落とします。
すると、もうそれだけでほぼ空間が埋まってしまう。
次に必要なくつろぎに対して、出来ることを考えると、
必然的に窓際に椅子とテーブルという構図になってしまう。

つまり、
「1面のみに窓があり、天井高が高くなく、窓際にテーブルセットがある空間。」
これが、絵として客室を表現する際に必要な最低条件です。

そんなことに注意しながら、作っていました。


せっかくなので、このパースが出来るまでをざっとご紹介します。

まずはラフスケッチでどんな感じにするか検討。
hotel01.jpg
ラフすぎてどうもすいません笑
やはり光が大事なので、ライティングをどうしようかと
考えていた痕跡があります。
テーブル上にペンダントも描いてみましたが、
窓と思いっきりかぶるので全然効果的でないし
あまり客室にペンダントのイメージが無かったのでトリで。

hotel02.jpg
ベクターで立ち上げ。ここは簡単に。
余談ですが最近、CADでのモデリングに限界を感じてます。。
デッサンと同じで、細部の作り込みがリアリティーに繋がることを
実感して、それにはやっぱりモデリング能力が必要だなと。
うむむ。。

hotel03.jpg
CINEMAでテクスチャ付けて、ライティング調整です。
今更ですが、昼間で室内のライトが点灯しているのって難しい。
今回は1枚の絵で色々な見え方を盛り込みたかったので
ライトをおきました。

hotel04.jpg

hotel05.jpg

hotel06.jpg
最初のテストレンダリング。
光の感じチェックと、他アングルでも試してみる。
テーブルがいまいち過ぎたので、作ることにしました。
窓面の目地が止まってるのが気持ち悪かったので左面まで回し、
ラックも違和感があったので普通っぽいものに変更。

他にもtrial and errorで色々修正し、めでたく完成。
でもまだ気になる部分はあるので、地味に修正していこうと思っています。

最後に、おまけでもう1カット。
hotelFIX02.jpg

 | HOME | 

■ プロフィール

kazaana

Author:kazaana
FC2ブログへようこそ!

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QR